Profile

2011 - 2016


仁⽥晶凱(にたあきよし)は、2012 年⽇本⼤学芸術学部に⼊学し、在学中にYOKOHAMA DANCE COLLECTION EX 2013 COMPETITION 2 に18 歳、当時最年少で選考され⾃⾝振付の作品を発表。

その後中退し、2013 年からベルギー・ブリュッセルにあるコンテンポラリーダンス学校 p.a.r.t.s. へ⼊学。
在学中にImpulz Tanz 2016(ウィーン)、CNDCamping 2015(パリ)、Its Festival(アムステルダム)、等ヨーロッパ各地のフェスティバルに参加。




Photo : Bart Grietens

2016 - 


卒業後は帰国し日本を拠点に活動中。
身体と音楽の関係性にフォーカスした作品を主に創作にしている。
2019年よりダンサーとしてコンテンポラリーダンスカンパニー「Co.山田うん」に所属。
舞台のみならずギャラリー、美術館でのパフォーマンスや映像作品への振付、出演なども行なっている。





Photo : Yohta Kataoka
Courtesy of Stilllive, Goethe-Institut Tokyo

【出演作品】

2020
・「人類史」
[作・演出:谷賢一 振付:エラ・ホチルド 音楽:志摩遼平]
(KAAT 神奈川芸術劇場 ホール)
・「振動する固まり、ゆるんだ境界」[敷地理]
(穂の国とよはし芸術劇場)
2019
・「プレリュード」[Co.山田うん]
(世田谷パブリックシアター、まつもと市民芸術館、
北上市文化交流センターさくらホール、
日立システムズホール仙台)
・「Stilllive
(ゲーテ・インスティチュート東京)
2018
・「月の銀を噛み、太陽を口に
   [ジュリー・アンスタンザック]
(新国立劇場)
2017
・「太くて低い虹」[んまつーポス]
(東京、マカオ、北京)
2016
・「アンタイトル2015」[アンダラ・モイス]
(ブリュッセル、パリ、ジャカルタ)
・「ドーン」[モルテン・スパンベリー]
(ウィーン)

【映像出演作品】

・「コスモス」[Co.山田うん]
(2020/12/28~2021/1/3)
・「宇宙市民」[アントン・ヴィドクル]
(横浜トリエンナーレ2020)
・「動く身体 漂う頭」[アリソン・ムーア]
(日本未公開)

MV
真夏の夜の匂いがする」あいみょん
絶対零度」赤い公園 (演出・振付:志村知晴)

【振付アシスタント】

「思いを馳せる月」
[振付:ジュリー・アンスタンザック](アーキタンツ)

ショールームダミーズ #4
[振付:ジゼル・ヴィエンヌ、エティエンヌ・ビドー=レイ](京都ロームシアター)


Photo : Courtesy of Indonesia Dance Festival