processing and tuning

プロセッシング・アンド・チューニング



『受けの美学』という言葉がある。受けて立つ男らしさ、といったマッチョな側面ではなく、「受けよう」と思ったその瞬間の迷いや、分からなさ、どうにかせねばと身体を揺らすこと、預けられた相手の重心に対して身体をさらに前傾させる姿勢、そういったところに美学の表れのようなものを感じる。


今回、ダンサーである私は、揺れや傾きから始まる身体の動きを『もの』や『言葉』とともに考えるために、ジャグラーの目黒陽介氏、小説家の山本浩貴氏を迎えた。ものを空中に放ち、受け取るという動作を連続させていくジャグリング。日々や考えを言葉にし、それを再編していく小説。それぞれに、『受け止めること』と『しにいくこと』の矛盾を調停するような、『受け』の知とでも呼びうるものがあるのではないだろうか。


ものと言葉、相手と自分のあいだで身体は調整(チューニング)を続け、頭よりも先に動きを処理(プロセッシング)していく。『受け』としてのコミュニケーションを図るその身体から、ボロボロと出てくるダンスのカスみたいなものを愛でてみたい。

仁田晶凱





 - 日程 -
2024年4月9日(火)〜14日(日)

2024年4月

9日(火)19:30

10日(水)19:30

11日(木)16:00/19:30

12日(金)19:30

13日(土)15:00/18:00

14日(日)15:00

*受付開始、開場は開演15分前


 - 会場 -

SCOOL

〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-33-6三京ユニオンビル5F

三鷹駅南口・中央通り直進3分、右手にある茶色いビル5階



 - チケット -
一般 3,300円
学生 2,800円
*ご来場時に学生証のご提示をお願いいたします。
*リピーター割引:各券種より500円引


 - 予約 -
・ページ下部予約フォーム(当日現金支払)
メッセージ欄に日時、希望枚数、券種をご入力ください

Peatix(クレジット・コンビニ・ATM支払)

振付・出演|仁田晶凱
出演|目黒陽介
テキスト|山本浩貴(いぬのせなか座)

舞台監督|服部寛隆

照明協力|加藤泉
広報デザイン|山本浩貴+h(いぬのせなか座)
舞台写真|松本和幸


制作|町田妙子(オータムプロダクションズ) 滝沢優子

レジデンス協力|Dance Base Yokohama
助成|公益財団法⼈東京都歴史⽂化財団 アーツカウンシル東京[東京芸術⽂化創造発信助成]

主催|オータムプロダクションズ

プロフィール

仁田晶凱
⽇本⼤学芸術学部を中退後、ベルギー・ブリュッセルにあるコンテンポラリーダンス学校P.A.R.T.S.へ⼊学。在学中にImpulz Tanz 2016(ウィーン)、CND Camping 2015(パリ)、ItsFestival(アムステルダム)、等ヨーロッパ各地のフェスティバルに参加。卒業後は帰国し、都内を拠点にダンサー・振付家として活動中。ダンスカンパニー[Co.⼭⽥うん]に所属。⾃⾝振付作品の公演を企画制作する団体[オータムプロダクションズ]を2020年より主催。音楽と舞踊の関係性に特化した作品群「17 Etudes」「シシオドシ組曲」「The Musical Offering~ポリボディと幻声部のリチェルカーレ~」の発表を2023年まで行い、現在は言語、テキスト、スピーチと体の動きについてのリサーチから作品制作を行っている。Dance Base Yokohama レジデンスアーティスト。

photo : Ayane Shindo

目黒陽介
ジャグラー、演出家。14歳でジャグリングを始め、17歳より大道芸やフェスティバル、舞台やライブハウス等に出演。2008年より自身が中心となりジャグリング&音楽集団「ながめくらしつ」を結成、ほぼ全公演の演出・構成を務める。

2013年よりエアリアルアーティスト・長谷川愛実とのユニット「うつしおみ」としても活動。

外部出演作品に、串田和美演出『十二夜』『空中キャバレー』、ラファエルボワテル演出『フィアース5』など。

国内では稀有な現代サーカス演出家として、(社)瀬戸内サーカスファクトリー『100年サーカス』『naimono』、世田谷パブリックシアター『悟空~冒険の幕開け~』関連パフォーマンス等の演出も手がける。

山本浩貴
1992年生。2015年に制作集団・出版版元「いぬのせなか座」を結成、以降主宰をつとめる。小説や詩やパフォーマンス作品の制作、書物・印刷物のデザインや企画・編集、芸術全般の批評などを行なう。

主な小説に「無断と土」(『異常論文』『ベストSF2022』掲載)、批評に「死の投影者による国家と死」(『ユリイカ』2022年9月号掲載)、デザインに「クイック・ジャパン」(159-167)『光と私語』(いぬのせなか座叢書)、企画・編集に『早稲田文学』2021年秋号(特集=ホラーのリアリティ)。

今年、批評の仕事をまとめた単著を複数刊行予定。

https://inunosenakaza.com

photo : 黑田菜月

予約フォーム

Japan

プライバシーポリシーを読み同意します。

Google Maps のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Google Maps の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Google Maps のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る